高収入が得られる求人を探しているなら|タクシーの運転手がお勧め

車を運転する職業に就く

必須スキルは何か

乗り物

一口にドライバーと言っても沢山の仕事があります。
運転する車の大きさの違い、サービス業や建築業、実に様々です。
業務を実行する上で重要になってくるスキルは、どれも一見似ているようで若干の違いがあります。
1つ例にとって、バスの運転手として働きたい場合はどんなスキルが必要となって、会社が求めるのはどんな人材なのかについてお話していきます。
バスの運転手となると、お客様を乗せて目的地に運ぶことが業務となります。
公共のルート運転から民間の観光まで、バス一つでも沢山の職種がありますが、自分以外の誰かを乗せて目的地まで安全に移動することは統一されます。
人を乗せて運行するわけですから、事故を起こすわけにはいきません。
したがって、最低スキルとして安全運転ができること、責任感があることが重要視されます。
車両の運転はすぐ慣れるものです。
大きさや経験はさほどきにすることではありません。
慣れるまでの猶予はもらえると思います。
安全運転の意識と責任感の他、運転手としての判断力が必要になります。
ルートならまだいいですが、初めての場所を運行する場合は注意が必要です。
瞬時に判断してルートを変更する必要があります。
このように、バス運転手には思いがけない事態に遭遇することは珍しいことではありません。
判断力を鍛えて、こうなったらこうする、と言ったような第二案を持てるような人材が最も必要とされます。
バスの運転手と一言でいっても、観光バスや市内バス、長距離バスなど様々な働き方ができます。
それぞれ勤務形態や給料は異なるので、自分の希望に合った求人情報を見つけましょう。

ドライバーとして働く

バス

職業ドライバーという言葉がありますが、ドライバーとして働く職業にはタクシーの運転手やバスの運転手、重機のオペレーターなど様々です。
ドライバーとして働くには普通自動車の免許以外に2種免許や大型免許、特殊車両の運転操作の免許が必要となります。
近年、タクシーの運転手は非常に増えており、多くのドライバーが50代後半以降のドライバーが多く、平均収入も15万円と比較的低いのが実態です。
一方でバスの運転手や重機オペレーターに関しては比較的収入が高いです。
重機オペレーターは建設土木現場で作業を行いますが、景気に左右される点が問題としてあります。
バスの運転手の場合、観光バスや路線バスなどがあります。
バスの運転手の平均年収は450万円と言われていますが、市営バスの場合、公務員となるため、賞与面で若干収入が高いです。
観光バスや高速バスの運転手は乗務手当が良いです。
バスの運転手になるには普通自動車運転免許を取得して3年経過以上で大型2種免許を取得しなければいけません。
以前は免許取得費が会社の経費として負担してもらえたのですが、現在は多くの企業で取得者の採用をしていますので、必要に応じて免許を取得しておくと良いでしょう。
多くの乗客を乗せてハンドルを握るため、ドライバーの責任は大きく、資格や責任に対する対価として給与が支払われます。
安定した収入が得られ、大型2種ドライバーが不足している現状で、存在意義が高い職業であるといえます。

就職先を明確にする

バスと人形

2007年以降職業ドライバーの数が増えたと言われており、最も増えた職業ドライバーの中にタクシーの運転手があります。
タクシー運転手は普通2種免許を取得すれば、その職業に就けるため、もっとも就きやすい職業として考えられ、景気後退と共に運転手の数が増えました。
しかし、収入を見てみると全国平均が280万円と少ないのが現状です。
一方でバスの運転手の場合、全国平均が450万円とタクシー乗務に比べて高いです。
バスの運転手には観光バス、高速バス、路線バスなどがあり、路線バスでも民間と自治体管轄があります。
市バスなどの自治体運営のバスは人口密度の高い都市部が多く、給与面で若干高い傾向が見られます。
高速バスなど長距離運行を行う運転手も比較的給与面では高いです。
ただし、多くの乗客を乗せて乗客の安全を確保して運転しなければいけないため、それなりの運転テクニックや責任感の高さが要求されます。
求人採用では、職歴やその人のこれまでの経歴が重視され、また面接等では人間性を観察されます。
若い年齢の採用を優先する傾向が見られ、大手企業や自治体の採用は比較的ハードルが高いです。
採用されるためにエージェントを利用することが良いでしょう。
エージェントは多くの求人情報を持っており、過去の採用歴データベースにて採用さるための高いノウハウを持っています。
路線、観光、長距離とどの方面で働きたいのか、どの企業で働きたいのかを明確にしておく必要があります。